きりたんぽ新レシピ開発コンテスト、グランプリ発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10/15より開催しておりました
【きりたんぽ新レシピ開発コンテスト】のグランプリ&準グランプリが決定!
Instagramにて、発表させていただきました。
想像以上にステキなレシピが並び、
弊社社長、従業員とも大感激でございました。
受賞されましたみなさま、
おめでとうございます。
そして、ご応募くださいましたみなさま、
本当にありがとうございました!!

 

View this post on Instagram

 

マメ子(ナチュラルファーマーズ 秋田県)さん(@natural.farmers)がシェアした投稿

審査員からのメッセージ

「日本の伝統食材を国際的な料理に発展する発想は素晴らしい」また「社員からの食べてみたいという声が一番多かった」という声があがり、グランプリに選ばせていただきました。

@maimaichan1214m さんのコメント

「まずはグランプリ頂き大変嬉しく思います。8月に東北4大祭りというツアーに参加し秋田県を訪れました。竿燈祭りが特に素晴らしく感動を忘れる事が出来ない程でした。幻想的な灯火が夜空に舞い太鼓の音とかけ声がシンクロし天にも届くかのようにどんどん反響していく・・・天と地の不思議な一体感を感じきっとお空にいるお父さんもお母さんも楽しんでいるのかも、なんて思いながら横に目をやると自分の子ども達が『落ちる落ちる~』とバランス崩した竿燈に他の観光客と大はしゃぎ。角舘ではいぶりがっこなどと一緒にきりたんぽ鍋セットをお土産で買いました。私が住む札幌は夏場でも肌寒い時があるので早速頂きました。このお鍋幼い頃に家族で食べた事あったなと幸せだった満ち足りた日々はうつろい、時は流れ改めてきりたんぽが大好きになりました。それが応募のきっかけです。ありがとうございました。」

レシピも送っていただけましたので、掲載させていただきます!

—作り方—【2人分】
① ガイヤーンを焼く
② きりたんぽ(2本)を4分割にカットして水で濡らしてからレンチン(600w)2分
③ レタスやきゅうりなど用意する
④ タレ(スィートチリソース,ナンプラーとシーニングソースを混ぜたもの2種類)
⑤ それぞれ盛り付けて完成,パクチーやレモンなどお好みで

—材料(ガイヤーン)—
鶏もも肉1枚/下味(オイスターソース小2/シーニングソース小さじ2/ナンプラー小1/醤油小1/レモン汁小1/料理酒大1/きび砂糖小2/胡椒少々/ニンニクすりおろし1かけ)

—作り方(ガイヤーン)—
全部まぜて一晩ねかせてグリルで15分焼く
*シーニングソースが無い時は代わりにオイスターソースにして下さい
*魚焼きグリルの方が脂が下に落ちるのでフライパンより美味しく焼けます
*フォークでブスブス刺した鶏肉をポリ袋に入れてモミモミしたら一時間ほどでも大丈夫です

 

 

View this post on Instagram

 

マメ子(ナチュラルファーマーズ 秋田県)さん(@natural.farmers)がシェアした投稿

審査員からのメッセージ

「簡単に真似できそう!」「作ってみたい」の声が多かったこと。また「おやつとして食べたい」という意見もあったこと。そして、応募レシピの中で「唯一のスイーツ」という理由から、選ばせていただきました

@nojima.eri さんのコメント

「この度は準グランプリに選んでいただきありがとうございます!九州出身なのできりたんぽを食べる習慣はないのですが、手軽にお米が食べれる日本の郷土食材として可能性を感じます。昔、日本のおやつといえばおむすびや団子などお米からできたもが多く食事の延長のようなものでした。腹持ちもよくてとってもヘルシー。そんなおやつをきりたんぽで作ってみました。ゴマもたっぷり摂れてお子様のおやつにもおすすめです。ぜひ作ってみてください。」

 

 

View this post on Instagram

 

マメ子(ナチュラルファーマーズ 秋田県)さん(@natural.farmers)がシェアした投稿

審査員からのメッセージ

「きりたんぽを編んでベースを作るアイディアに驚き!」「お好みとグラタンのみんなが好きな美味しいところどりですね」「子どもが喜びそう、子供と一緒に作りたい!」という声があがりました

@s_memeko さんのコメント

「新しいきりたんぽのコンテストという楽しい企画をありがとうございました。しかも受賞するなんてとっても嬉しいです!地元民なのでこの時期は特にスーパーに5本パックが売られていてよく鍋にします。が、たまに1~2本残ることがあります。そんな時、他に食べる方法はないかと考えて浮かんだレシピです。」

レシピも送っていただけましたので、掲載させていただきます!

—作り方—
① きりたんぽは縦に4等分に切ります。それを井桁に組みます。隙間ができないようにきっちりと
② 井桁に組んだきりたんぽの上半分にえびを入れたホワイトソースをかけます。ブロッコリー・トマトをのせチーズをたっぷりかける
③ 天かすと切りイカをマヨネーズで和えて少しなじませます。それをもう半分のきりたんぽの上にかける
④ ここでオープントースターで焼きます。220度で4~5分位
⑤ 取り出して最後にマヨネーズ部分にソースをかけて青のりを散らして出来上がり!
*下にアルミホイールを敷いた方がいいです。

—材料—
きりたんぽ2本/HEINZちょっとだけ/ホワイトソース/ボイルえび/ブロッコリー/トマト/ピザ用チーズ/マヨネーズ/天かす/生イカ/青のり/ソース

 

 

View this post on Instagram

 

マメ子(ナチュラルファーマーズ 秋田県)さん(@natural.farmers)がシェアした投稿

審査員からのメッセージ

「肉で巻いて、野菜やチーズをインされたきりたんぽ、美味しそう」「早速まねしてみたい」「いくつでも食べられそう」との声があがり受賞となりました

@naomiojou さんのコメント

「選んで頂けて大変光栄です。ありがとうございます!これからも美味しい物を作れるように頑張ります」

 

 

View this post on Instagram

 

マメ子(ナチュラルファーマーズ 秋田県)さん(@natural.farmers)がシェアした投稿

審査員からのメッセージ

「こんなお弁当ならあけたときにとってもハッピーな気分になります」「幸せな笑顔が見えるお弁当」との声があがり、特別賞に選ばせていただきました

@hiroko.sweets さんからレシピも送っていただけましたので、掲載させていただきます!

—作り方—
① きりたんぽは霧吹きしてラップをして、レンジ600wで30秒
② 少し柔らかくなるので、柔らかくなったきりたんぽに豚肉を巻きつけ、巻き終わりを下にしてフライパンで炒める
③ 火が通ったら一旦きりたんぽを取り出しタレをタップり塗る
④ タレは、鍋に鶏ひき肉を入れ中火でから炒りしサッと火が通った所へ
⑤ ボウルに味噌・ハチミツ・三温糖を入れ混ぜ用意しておきコレを挽き肉に混ぜて煮詰めて出来あがりです
*最後にハチミツを少し入れるとツヤがでます

—材料—
きりたんぽ 1パック/豚三枚肉 適量/タレ 鶏ひき肉 50g・味噌 50g・ハチミツ30g・三温糖 10g
お好みで、すりごまやクルミ

 

 

View this post on Instagram

 

マメ子(ナチュラルファーマーズ 秋田県)さん(@natural.farmers)がシェアした投稿

審査員からのメッセージ

下味をつけてだまこをノンフライ機を使って表面をカリッとさせるアイデアは素晴らしいですね。」「明太マヨのトッピングはみんな喜びそう!」という声があがりました

下関うみさんのコメント

「この度は特別賞を頂きましてありがとうございます。11月のキャンペーンで頂いた『だまこ』を使っておつまみ風にしてみました。山口県下関市なのでだまこを食べるのも見るのもはじめてでしたが、せっかくなのでお応募してみました。白だしで軽く煮からめて、カラーラ(ノンオイルフライヤー)でカリッとしてみました!明太マヨ(市販)と青ネギ、刻みのりをトッピングした簡単おつまみです。」

 

受賞されましたレシピは「#新しいきりたんぽ 」にてご覧いただけます。
みなさま、本当にありがとうございました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP